防災・安全 飛散防止

飛散防止フィルムは、危険なガラス片の飛散を防ぎます。

地震や台風などの災害で強い衝撃や強風で割れたガラスは、鋭い破片となって辺り一面に飛び散ります。
破片が直接当たる被害だけでなく、避難する際に飛散したガラスによって二次被害に遭う可能性もあります。

絶対に割れないガラスはありません。万一の時に備えて、危険な破片の飛散を防ぐ「スコッチティント™ ウィンドウフィルム 飛散防止フィルム」をおすすめします。

防災・安全.jpg

3Mスコッチティントウインドウフィルム
お勧めタイプ

透明飛散防止フィルムSH2CLAR

ベースの丈夫なポリエステルフィルムが強力な粘着剤でガラスに接着します。
割れたガラス片をフィルムが保持するので、飛散が防げます。

JIS A 5759で規定されている飛散防止性能(記号A・記号B)を満足する製品です。