3M Scotchtint Nano

マルチレイヤーナノシリーズ.gif
マルチレイヤーナノ.gif

オフィスビルや高層マンションなどの西向きガラス窓では、午後になると直射日光が入りジリジリと暑く、ブラインドなどでせっかくの景色が見えなくなってしまうなんてことも多いかと思います。
また、日照調整機能の高い色付きのスモークフィルムやミラーフィルムなどでは、建物の外観に影響を及ぼすことから、なるべく透明に近いフィルムで暑さを軽減したいという意向も多くあります。
そのような時におすすめのウインドウフィルムがマルチレイヤー“ナノ”です。

例えば、近年の乗用車フロントガラスや運転席・助手席のサイドガラスは、ほぼ透明色なのに太陽光の熱線はカットし、直接肌で感じるジリジリとした暑さはカットしておりますが、ほぼ同じイメージで建物のガラスにもその機能を有することができるのです。

マルチレイヤー“ナノ”は、200超層の多層構造で、従来の色付き日照調整フィルムのように金属の成分は含まれておらず、携帯電話などの電波障害も起こりません。
ほぼ透明なのに、紫外線はもとより熱源となる赤外線をカットし空調効果を上げて、窓際の快適性をアップできるのです。

また、空調効率のアップは電力消費を抑えて CO2 の排出量を削減できるため、地球温暖化対策に有効です。
さらに JIS A 5759 で規定されている【飛散防止性能】を持つので、ガラス窓の地震対策・安全対策にも有効です。

赤外線カット.gif


Nano 近赤外線カット.jpg