パンデミック下のBCP

パンデミック下のBCP、企業として対応すべき事項

 -事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドラインー

新型インフルエンザの基本的知識

 発生前の準備
1. 危機管理体制の確認
2. 情報収集及び周知方法の確立
3. 業務運営体制の検討(住宅勤務等の業務形態の検討等)
4. 感染の予防の事前の措置(手洗い励行等)
5. 物品の備蓄(マスク、手袋、手指消毒用アルコール等)
6. 社会機能維持に関わる事業における業務継続の検討
   (業務を継続する観点から、運営体制を検討)

 発生直後の対応
1. 情報収集及び周知
2. 感染拡大予防の措置
   (会議・会合・研修等の中止または延期、電話・ビデオ会議での運営等)
3. 海外勤務、海外出張する従業員等への感染予防措置
4. 予防的措置の啓発(咳エチケット、健康状態の自己把握等)

 感染拡大時の対応
1. 情報収集及び周知
2. 業務運営体制の検討(必要に応じた業務の縮小、自宅待機等)
3. 感染拡大予防の措置
4. 予防的措置の啓発強化
5. 社会機能維に関わる事業における業務継続のための体制