備えあれば憂い無し!新型インフルエンザ対策

こうしたパンデミックへの対策を考える上では、実際に起こったことを想定して、国や地域、企業、家庭などの状況や環境に合わせた計画を作成する必要があります。
特に、警察や消防、エネルギー関連、交通、流通の各機関では、社会機関を維持させるために,
ワクチン接種や抗ウイルス剤の予備投与などの対策が考えられています。

 一般企業においては、事業継続計画:BCP(Business Continuty Planの略)の策定を早急に進める必要があります。

 一方、家庭や個人のレベルでは、予防に関する対策や感染を最小限に食い止めるための対策が重要です。

 各企業には、BCPを検討すると同時に、社員の安全と健康に与える影響を最小限に抑えるために疾病対策が求められています。


インフルエンザ ウイルス